>

鬼門や裏鬼門に置くパワーストーン

鬼門や裏鬼門対策

風水で北東は「鬼門(表鬼門)」といい、鬼(邪気)が出入りする方角とされています。
不吉というイメージが付きやすいですが、考え方次第では強い力を持った方角にもなります。
北東は財運や不動産運といったパワーも持っている方角なのです。
気を付けなくてはならないのは、常に清潔にしておくこと。
この方位に玄関がある場合は、靴を出しっぱなしにしない様にしたり、毎日清掃を心掛けるなど整理整頓を心掛けることが大切です。
浄化作用のあるパワーストーンを置くことで、運気を味方にすることも可能です。
よく用いられるのは水晶やアメジストです。
田舎のお家では玄関にアメジストのドームなどが置かれていますが、そういったものが有れば浄化作用抜群です。
中々難しいので、さざれ石(水晶の砂利の様なもの)でも効果があります。

パワーストーンのお手入れ

運気を上げる為に働いてくれているパワーストーン。
マイナスなエネルギーを浄化してくれている訳ですから人間と同じように疲弊します。
お手入れ(浄化)してあげることで、また元気いっぱい、働いてくれることでしょう。
石によって浄化方法に向き不向きはありますが、どの石でも対応できるのが月の光による浄化です。
満月の時が最も良いのですが、新月から満ちていく間の月であれば効果があります。
1~2時間ほど月のある空の見える場所に置いて上げるだけでOK。
また、水による浄化も良く取られる方法です。
天然水が理想的ですが、水道水でも、洗面器などに入れて一日置いた水を使用する方法もあります。
柔らかい石や石膏質の石は水に溶けてしまったりすることがあるので注意が必要です。
インカローズやラリマー、ターコイズなどは向きません。
定期的にお手入れしてあげるようにしましょう。


この記事をシェアする